永久脱毛の効果が高い脱毛法

ニードル脱毛のイメージ

髭は男らしさの象徴である反面で、非常に処理が厄介でもあり、大抵の男性は生涯に渡って向き合って行かなければならない存在です。
特に忙しい朝の髭剃りは非常に煩雑で、いっその事全て無くしてしまいたいという男性は多いのではないでしょうか。
かと言って、髭を剃らなければ女性へ悪評価を与えてしまいますし、ビジネスシーン(特に営業の方)に於いても悪影響を出す恐れもあります。
このように髭は“かっこいい”という側面と“汚らしい”の両面を兼ね備えていると言えるのです。

髭が合っても清潔感のある顔

清潔感があるだけで女性やビジネスシーンでの第一印象が大きく変わります。
ひと昔前は「ヒゲ=NG」という図式が成り立っていましたが、現在では髭があってもきちんと整えられたものであれば逆に好印象を与える事も可能です。
全て脱毛するのはちょっと…という方にお奨めしたいのが、『ニードル脱毛』という脱毛方法です。

ニードル脱毛とは?

髭脱毛で言われるニードル脱毛とは、文字通りニードル(針)を使った脱毛方法で、髭が生えている毛穴に極細の針を刺して電流を流し、毛乳頭を直接破壊します。
髭を生成する毛乳頭をダイレクトに破壊するので脱毛効果が極めて高いのが特徴で、某エステ脱毛サロンでは「二度と生えて来ない」と自信満々に公言するほどです。
なお、永久脱毛は“施術後から1か月後の再生率が20%以下”の脱毛方法を指す事が多いのですが、エステ脱毛で良く用いられる光脱毛(フラッシュ脱毛)は、1か月以内ではこの条件をクリア出来ても、毛を作る組織である毛乳頭が残るため、その後元に戻ってしまう事がほとんどです。
一方、このニードル脱毛であれば毛乳頭そのものが破壊されるため、文字通りかなりの高確率で“永久的な脱毛”が実現します。

ニードル脱毛は医療行為?

数ある脱毛方法の中で唯一、ニードル脱毛はクリニック・サロン双方で取り扱われています。
「医療機関だから安全!」
「エステ脱毛でも永久脱毛が可能」

といったような触れ込みを良く目にしますが、一体どのような違いがあるのでしょうか。

医療機関は絶縁針を使用

医療脱毛・エステ脱毛共に針を使うという点では共通していますが、クリニックの場合は「絶縁針」という特殊な針を使用している点で差異が見られます。
絶縁針は針の先端にだけ電流が流れる仕組みになっていますので、肌に火傷のダメージが残りにくく、痛みが抑えられるという特徴があります。

メリット デメリット
・効果が非常に高く、複数回の施術が不要
・医療機関のため、麻酔を用いた施術が可能
・非常に高額である。
(1年間で100万以上掛かるケースがあり、毛乳頭が強い髭部分は特に金額がかさみます。)

・医師免許が必要なので専門の場所でしか施術を受けられない
・取り扱っている医療機関が少ない

エステサロンのニードル脱毛

絶縁針を用いる医療機関に対して、エステサロンでは「電気針」という針を用います。
絶縁針は医師免許が必要でしたが、こちらの針を用いた脱毛方法は特別な免許が不要であるため、多くのエステサロンでの取り扱いがあります。

※CPE(Certified Professional Electrologist・認定電気脱毛士)という資格がありますが、国家資格ではなく、アメリカの電気脱毛協会が主催している民間資格に当たるものです。資格保有者はニードル脱毛に関して高度な技術や知識を要していると認められ、高い能力が担保されますが、施術を行うに当たって必ず必要という訳ではありません。

針を使う点では同じですが、医療機関の針脱毛をニードル脱毛、エステサロンの針脱毛を電気脱毛といったように呼ぶ事が多い印象です。

メリット デメリット
・効果が非常に高く、複数回の施術が不要
・医療機関のニードル脱毛に比べて安価
・針が絶縁体となっておらず、肌へ電流のダメージが当たる可能性がある
・レーザー脱毛や光脱毛に比べて高額
・痛みが強い
(エステのため麻酔使用不可)

料金の相場・時間

ニードル脱毛はどれくらいかかる?

1回辺りいくら、という料金体系が一般的なヒゲ脱毛ですが、ニードル脱毛は1本ずつ処理する関係から、1本辺り○○円というものがほとんどになります。
中には1時間辺りいくら、という料金設定を行う脱毛サロン・脱毛クリニックもありますが、担当する方のテクニックにより施術して貰える本数にムラが出てしまう恐れがあるので、あまりオススメ出来ません。
ヒゲは成人男性で1~2万本生えていると言われておりますので、仮に1本100円だと仮定すると、単純計算で100万円以上が掛かる事になります。
ニードル脱毛だとメンズTBCが有名ですが、まとめて依頼すると若干値段が下がり1本80円程度まで下げる事が可能です。

時間はどのくらいかかる?

1本ずつ処理するため、広範囲を一度に脱毛出来るレーザー脱毛やフラッシュ脱毛に比べて時間が掛かってしまう点がニードル脱毛のデメリットです。
大体1分につき10~20本と言われておりますので、1回の施術で仮に1,000本行ったと仮定すると2時間前後、2か月に1度通うと1年半~2年程必要と掛かる計算となります。

デザイン髭・部分脱毛にオススメ

ヒゲ全体の脱毛で利用すると非常に高額なコストが必要となるため、1,000~3,000本くらいの脱毛に適しています。
全体的に薄くしたい、頬のみ脱毛したいといった部分的な脱毛、デザイン髭にしたいといったシーンで高いパフォーマンスを発揮する脱毛方法です。
「どれくらい痛いのか不安…」という方はメンズTBCの体験コースが100本1,000円と非常に安いため、一度試してみると良いでしょう。