髭が濃くなる理由

髭を気にする男性

ヒゲは中高生の思春期頃から生え始めて、成長が止まった後も20代、30代とどんどん濃くなる傾向があります。
髭が濃くなる理由はホルモンバランスの乱れと、皮膚や髭の毛根がダメージを受けて、もっと強い毛を生やそうと働く2つの原因があります。
ヒゲの濃くなる状況に歯止めをかけたい場合は生活習慣と処理方法の見直しを行いましょう。

濃くなる理由はホルモンバランスの乱れ

髭が濃くなる原因は生活の中にあった

ヒゲが濃くなるのは主に男性の生理現象で男性ホルモンが関係しています。
男性にも一部で女性ホルモンも持っていて、このバランスが崩れて男性ホルモンが増えすぎると髭が濃くなります。

・外食やインスタントなど乱れた食生活
・運動不足
・ストレス
・睡眠不足

上記のような乱れた生活習慣になるとホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが過剰分泌してしまいます。
20代、30代になっても髭が濃くなっていく人が多いのは、仕事をして生活習慣が乱れることに原因があります。
また、体質的に男性ホルモンが多い人は10代の頃から髭をはじめ全身の毛が濃くなっていきます。
体質の問題になると、生活習慣の改善だけでは髭を薄くすることは困難です。
さらに、元々男性ホルモンの多い体質だと、ちょっとした生活習慣の乱れによる男性ホルモンの増加が、髭やムダ毛に反応しやすくなります。
ほかにもホルモンバランスが乱れると薄毛や精力衰退などの弊害を起こす恐れがあります。

脱毛をすれば髭は生えてこなくなりますが、健康な身体を維持して他の弊害を抑えるためにも規則正しい生活習慣を心がけましょう。
一度永久脱毛をしても、男性ホルモンが増え続けると、新しい毛が生えてきてしまいます。

エステや家庭用脱毛機で使われる光脱毛は、メンテナンスをしないとすぐに出力が落ちてしまいます
5万円以上で売られている上位機種は、カートリッジ式にするなどして、一定の出力をキープできる仕組みになっています。
3万円以下で買えるような手軽な機種は口コミを見ても、ほとんどヒゲ脱毛に成功した事例は見られません。

間違った処理でヒゲが濃くなる

髭剃りをするときは肌への負担を最小限に抑えないといけません。

・シェービングジェルを使わない
・風呂上りや蒸しタオルを使わず肌が乾燥した状態で髭剃りをする
・毛抜きをする

このような処理方法は肌のダメージが強いです。
特に毛抜きは毛根や肌の内側にダメージを受けるため、身体がもっと強い毛を生やそうと働いてしまうので絶対にやってはいけません。
髭は段階的に濃くなっていくので、髭が濃くなるほど髭剃りは時間をかけて肌の負担が少なくなるように時間をかけた処理が必要です。
しかし仕事や家庭のことで忙しくなると、時間を取れずに雑な処理をしてしまいがちです。
歳を取るにつれて髭が濃くなる中で髭剃りは以前と同じやり方や簡略化させてしまうことで、髭を濃くするペースを早めているのです。

髭脱毛は毛の休眠サイクルの関係で1回だけの施術では永久脱毛できません。
それでも生えてこなくなる毛が増えるなど減耗効果を得られれば髭剃りの際の肌負担が少なくなり、さらに髭を濃くなる状況の予防効果も得られます。
永久脱毛して髭剃りの時間がなくなれば、自分の時間を多く作れるだけではなく、肌にダメージを与える要因がなくなるので美肌効果や若返り効果も期待できます。
メンズ脱毛の普及で平均的な濃さでも髭脱毛をする人が増えていますが、髭が濃くなる前に脱毛してしまうのは将来的なメリットも多いです。