脱毛後も肌のコンディションに注意

髭を気にする男性 ヒゲ脱毛の前だけでなく、 施術が無事に完了した後もしっかりと肌をケアしてあげる事が大切です。
個人差はありますが、レーザー照射による髭脱毛を行った場合、 基本的には肌が軽い火傷又は乾燥した状態に陥ってしまう ため、放っておくと毛穴が開いてしまったり、毛嚢炎や肌の痒みを引き起こしてしまったりといった「肌トラブル」に巻き込まれてしまう危険性があります。
そのため、髭脱毛の施術後には様々な点に注意しなければなりません。
髭脱毛を行った後の対策とNG行為についてまとめました。

日焼けは厳禁

ヒゲ脱毛の前だけでなく、脱毛後も日焼けをするのは厳禁 とされています。
脱毛直後は肌を保護する膜のようなものが剥がれてしまっている状態のため、非常にデリケートで、 少しの日焼けでも痛みやかゆみを引き起こしてしまいます。
従って、日焼け自体がNGという訳ではありませんが、日焼けする程の紫外線を浴びてしまうと、弱った肌に直接的なダメージを与えてしまい、シミが出来てしまったり、更なる乾燥肌を引き起こしてしまったり等、 良い事は一つもありません。

日焼け対策はしっかりと
日焼け対策を行う男性

脱毛直後の帰宅時や数日間の間は、外出する際には日焼け止めのクリームを塗る、遮光性のあるマスク等を使用するなどの対策 を行いましょう。
女性と比べて男性はスキンケアの利用頻度が少ないため、どうしても疎かになりがちですが、髭脱毛のその後の対応を怠るとつらい状況になりかねません。
いつもより多めの化粧水でしっかりと保湿するのも有効です。

熱い風呂やサウナはNG

髭脱毛後は厳禁であるサウナ

髭脱毛を行った後に熱い風呂やサウナを利用するのはNG です。
レーザーは熱エネルギーを肌に照射するため、脱毛直後は肌が火照った状態に陥ってしまい、風呂やサウナに入ってしまうと余計に肌の熱が引かなくなってしまいます。
もちろん、これらに限った話では無く、 髭脱毛後に肌を温める行為がいけない ので、同様の理由から身体を動かす行為もNG となります。
風呂に入る際はなるべくぬるま湯にする、数日はシャワーで済ます等、 なるべく肌を刺激しないように 心がけましょう。

飲酒も禁止

ウイスキーの水割り

脱毛施術が完了すると仕事を終えたような達成感や解放感がありますので、ビールなどのお酒を飲んでリラックスしたい と考える男性も多いのではないでしょうか。
しかし、残念ながらアルコールは血流を良くし肌を温める性質を持っている為、日焼けや風呂などのNG行為と同様に、 肌のかゆみや痛みを発症させる原因に なります。
直後のお酒はグッと堪えて頂き、少なくとも 脱毛施術から24時間経過してから飲むよう にしましょう。

翌日の髭剃りは慎重に

髭脱毛を行った翌日は、脱毛した部分の髭が黒く目立つようになっていますが、これは毛乳頭を焼いた結果、残った髭が毛穴に詰まっている状態となるため です。
髭が非常に濃く見えるため、 いつもよりも力を入れて髭剃りを行ってしまう 方を多く見受けられます。
しかし、 髭脱毛後の髭剃りは強い痛みを伴う危険性があるので推奨はされていません。
脱毛後の肌は火傷のダメージを負っているようなものなので、そこに髭剃りを行うのは良くないですし、脱毛後の髭は毛穴に詰まっている状態なのでなかなかきれいに剃れません。
レーザー脱毛・光脱毛は 放っておけば自然に毛根から抜け落ちます ので、焦らずに抜けるのを待つようにしましょう。
当然ですが、 毛抜き等で無理に抜くのはNG です。

髭脱毛後の注意点について

日焼けや風呂やサウナ、そして飲酒や髭剃りなど様々な注意点 がありますが、こうした注意点は髭脱毛を行ったクリニックやサロンから改めて説明されるので、しっかりと聞いておきましょう。
また、ここに記載したこと以外でも肌にダメージを与えるような行為は控えるようにして頂き、万が一 肌に痛みやかゆみが発生したらクリニックやサロンへ相談 しましょう。
どのような症状かによってその後の対応も変わるので、なるべく専門家の診断を受けるようにするべきです。
髭脱毛の効果を最大限受けるためにはその後のアフターケアが何よりも大切であり、 毛が無くなり引き締まった仕上がりの良い肌を手に入れる 第一歩なのです。
これから脱毛される方もこれからされる方も、是非実践してみてはいかがでしょうか。