スキンケアで年収に差?

街を歩くビジネスマン

スキンケアで年収に差が出る!
驚きの主張・説と思われる方も多いかと思いますが、実際にこちらを提唱するコンサルタントやアドバイザーが多数いるのをご存知でしょうか。
スキンケア用品を売るための営業トークにも聞こえますが、実はしっかりと理に叶った根拠があります。
何故ヒゲが年収に繋がるのか?その驚きの理由をご紹介いたします。

見た目と年収の関係

“見た目と年収”
こちらは一見何の関係も無いように思いますが、実際に大手企業で行われた調査によると、同期入社の中でも見た目が良い人が出世しやすいという結果が出ているようです。
特にヒゲ脱毛は、顧客や上司からの印象が良くなることと、毛の処理など日常的なスキンケアに費やす時間とストレスを削減する効果が期待できること等から年収に直結しやすいと考えられています。

見た目で好印象を与えるメリット

ビジネスマナー研修で紹介されることの多い“メラビアンの法則”の中には、興味深い以下の理論が紹介されています。

人の印象は見た目(視覚)が55%、聴覚(口調、声のトーン)が38%、言葉(言葉の使い方や内容)が7%で相手への印象が決まる。

つまり「相手に好印象を与えるのは見た目がもっとも重要」という理論であり、適切な敬語や伝え方など言葉使いが正しくても見た目が悪ければ相手に100%の好印象を与えることができないことを意味しています。
さらに、内容や声のトーンなど聴覚で入ってくる情報が良くても、話をする相手の表情や身だしなみが悪ければ内容が入ってきません。
視覚で得る“身だしなみ”や“表情、仕草”などもビジネスにおいては最も重要なウエイトを占めているのです。

ビジネスマンは特に影響

髭を整えることはビジネスマンのマナー

スキンケアによって清潔感を出せば相手に好印象を与えるチャンスが大きくなり、逆にヒゲを処理していないと“だらしない人間”というレッテルを貼られてしまいます。
スキンケアで見た目の印象が良くなれば、相手への印象が良くなって仕事もうまくいくというのが一般的ですので、営業マンなど顧客からの印象が成績に直結する仕事はもちろん、事務や作業員など顧客と直接関わることのない仕事でも髭の処理は行うのが常識です。
役職や管理職者を選ぶ場合は、仕事の成績だけではなく、身だしなみや人柄も選考材料にされるので、髭脱毛やスキンケアをすると、リーダーシップを取れる人間だと判断されて出世にも有利に働きます。

髭剃りの時間を削減するメリット

髭の濃い人は、処理をする前に蒸して温めたり、シェービングフォームで柔らかくしたりと、事前に毛を処理し易い形を整えなければなりません。
1日の髭剃りに費やす時間が仮に10分だった場合、1年で60時間を充てている計算になりますので、「たかが髭剃り」とは言えバカには出来ない時間です。
ムダ毛の処理に費やしている時間を読書やニュースチェック等に充てることができれば話題や知識を仕入れられる上に、睡眠時間やストレス解消といった休息時間も多く取れるようになり、仕事効率が高まります。

脱毛がストレス解消に

化粧品やサプリメントを用いたスキンケアの場合、ケアをするごとに肌の状態が良くなっていき、ストレス解消や満足感を得られることができます。
髭脱毛もこれらと同様の効果が得られると考えられており、見た目の改善・時間短縮効果に加え、ストレスの軽減にも繋がるのです。
また、脱毛する事で「剃り負け」「肌荒れ」「埋もれ毛」といったストレスからも解放されますので、モチベーションアップにも繋がります。
髭を剃っても毛根は肌の中に残りますので、毎日繰り返し行っても肌状態や見栄えが良くなるわけではありません。
貴方も是非レーザー・フラッシュ・ニードル等の脱毛でツルツル肌を手に入れ、仕事のパフォーマンス及び年収アップを狙ってみてはいかがでしょうか。