忙しい朝に余裕を

快適な朝

薄毛でも無い限り男性は仕事へ行く前に髭を剃るのが一般的ですが、これが毎朝となると膨大な時間となります。
仮に1回10分と仮定すると、一年間に3650分、つまり60時間は髭を剃っている時間として費やしているのです。
朝の貴重な時間が髭剃りに奪われるのは出来れば避けたいことですが、生理現象であるため、面倒と感じながらも仕方なくルーティーンとして処理している男性がほとんどではないでしょうか。
実際にヒゲ脱毛をした方が、「髭脱毛をやってよかった!」と感じる瞬間をアンケートした所、多かったのが“毎朝の髭剃り時間が不要になったので、朝が非常に楽になった”という、ものでした。
つまり、ヒゲ脱毛を行うと新しく髭が生えて来なくなるわけですから、髭剃りをする必要が無くなり、朝の準備が非常にスムーズになるのです。
毎朝の時短効果がどれだけ良い結果に繋がるか、改めてその魅力について迫りたいと思います。

貴重な朝の時間を確保

朝食やトイレ、髭剃りの時間を逆算して奥さんが起こしてくれる方もいるでしょうし、自身をしっかりとコントロールし、きちんと計画を立てて行動する方もいるでしょう。
仮に、この朝の貴重な10分を別の事に使えたら、大きく変わると思いませんか?
髭脱毛が不要になった事で得た10分で、早く出社して仕事をしても良いですし、家事の手伝い、運動、読書、睡眠などなど、より有意義に朝を過ごす事が出来るようになるのです。

髭脱毛する男性は仕事が出来る

朝の準備をする男性

ビジネス書の中で、髭脱毛に触れる記述があるのをご存知でしょうか?
そこで提言されているのが、髭脱毛する男性は仕事能力が高く優れている証というエピソードです。
数分の手間である髭剃りを無駄なコストだと考え、それを行わなくて良いように髭脱毛で時短を行うのはビジネスシーンで於いても有用であり、成功する人の特徴の一つと説いています。 大抵の人は髭脱毛をしなくても、毎朝髭剃りをすれば良いと考えますが、それは未知のことに挑戦するよりも現状で満足しようとする心理が働いているためであり、良く言えば保守的、悪く言えば思考停止とも言えます。
将来のメリットを考えて髭脱毛に踏み込む男性は、挑戦的かつ合理的であり、時短という業務効率において優れた結果を残すことができ、仕事でも高いパフォーマンスを発揮するのは間違いありません。

チャレンジ精神を忘れずに

僅か数分だと思わず、積み重ねられる時間の重さをしっかりと認識してみて下さい。
髭脱毛で髭剃り時間の時短に成功すれば、その空いた時間で何が行えるかもしれません。
その時間を別の有効的なことへ割り振れないか、そう考えるだけでも髭脱毛の可能性に惹かれて来ないでしょうか?
また、時間の短縮だけでなく、髭剃りに要するコストが不要になる、髭剃りグッズが占領していた洗面台が綺麗なる、肌がツルツルになる等の効果もあり、髭脱毛ははっきり申し上げてメリットしかありません。
男性の新たなトレンドとなった“ヒゲ脱毛”に貴方も是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。