ヒゲのセルフケア

カミソリで髭を剃る子供

個人差はありますが、基本的には毎朝髭剃りは欠かせません。
放っておくと無精髭となり、ビジネスでもプライベートでも非常に印象が悪いものになってしまいますし、ざらざらしている肌触りに苛立ちを感じている人も多いのではないでしょうか。
当ページでは自分で行えるセルフケア方法と有用なアイテムについてまとめています。

シェービングクリームは絶対使おう

シェービングクリームを使ったことがあるでしょうか? 筆者も洗顔と同時に剃ってしまうメンドくさがり屋タイプですが、実はシェービングクリームを使うのと使わないのでは肌に与える影響が大きく異なるのです。
当該クリームには髭を柔らかくし、カミソリを滑らかにする効果があるので、髭を剃った際に肌を傷付けないで済むばかりか、髭を深く、根本から除去する事が可能となります。
ただし、カミソリを何度も往復させていると、肌が弱い人だと剃り負け、血がにじんでしまう、ヒリヒリしてしまう、といった悪影響を及ぼす恐れがありますので、注意が必要です。

シェービングクリームの一般的な使い方

まずは洗顔を行った後に蒸しタオルを髭に当ててみましょう。
3分程度タオルを当てたら、髭が柔らかくなっているので髭剃りがしやすくなります。
ここでシェービングクリームを髭につけて、後はカミソリで丁寧に剃って行くだけです。

電気シェーバー

髭剃りに利用される電気シェーバー

根強い人気を誇る「電気シェーバー」ですが、年を重ねるごとに性能は進化しており、毎朝の髭剃りを快適にサポートしてくれます。

刃が直接肌に当たらないので肌荒れ防止になりますが、深剃りが出来ないデメリットもありますので、ツルツルに髭を無くしたいのであればカミソリがオススメです。
持ち運びが簡単なため、いつでもどこでも処理出来てしまう点は◎!
高い物だと4~5万円は当たり前ですが、レーザー脱毛とのコストを比べるとやや高い印象を受けます。

除毛クリーム

簡単で即効性の高いセルフ脱毛を行うなら、除毛クリームが最適です。
除毛クリームは髭や毛を溶かす成分が含まれており、ある程度きれいにしてくれます。
セルフ脱毛の中で最も簡単で手軽に行えるのが魅力的ですが、当然毛乳頭を破壊する成分等は無く、久脱毛の効果がある訳ではありません。
一時的な効果でしかありませんが、セルフ脱毛に興味があるなら試してみても良いでしょう。

コストを考えると医療脱毛はアリ

コストを計算する男性の手と電卓

カミソリ代が1か月辺り3千円前後に及ぶ方もいらっしゃいますし、電気シェーバーは最新式だと5万円に及ぶものもあります。
脱毛クリームも1本数千円はしますし、どのような方法をもってしても、ヒゲの処理はタダでは出来ないのです。
ひと昔前はヒゲを脱毛するだけで100万円近くは掛かっていたようですが、最近では3万円前後で始められるようになっており、費用面はかなりリーズナブルなものへと変化しています。

ヒゲ脱毛は本当にツルツルになる?

ツルツルなゆでたまご

クリニックやサロンで髭脱毛を行うと、根本から毛が無くなる為、まずヒゲ特有の「青さ」が消えますし、また、カミソリを肌に当てる事が無くなる為、肌が傷つく恐れもありません。さらに、毛が無くなった事で毛穴が引き締まる為、肌がキメ細かくツルツルとなるというメリットがあります。
長期的に見れば最もコストパフォーマンスにも優れているため、仕上がりと費用面で他のケア方法とは比べ物になりません。
セルフ脱毛に疲れた方は是非試してみてはいかがでしょうか。