髭の濃さは遺伝?

髭の濃い男性

今でこそトレンドであるヒゲ脱毛ですが、ひと昔前までは 「髭が濃くて手入れが面倒」といった方や「青ヒゲ」で悩む方等に多く利用されて 来ました。
現在は“ちょっとしたデザイン”や“濃さを調節するため”等に利用される事も増え、簡易かつ身近なものとして、ファッション要素も強くなっているという特徴があります。
最近では10代の利用者も増加している傾向にあり、早い人は高校時代から初めてしまう人もいるくらいです。
当然ですが、髭の濃さには個人差があり、 何歳くらいから始めた方が良いのか?という点についてははっきりとした回答が無いのが現状です。
髭の濃さと遺伝・生活習慣とどのように関係しているのか、影響や関連性について調査を行いました。

髭は歳を重ねるにつれて濃くなる

歪んだ時計

男性の髭は15~60歳に掛けて生え続け、徐々に濃くなっていくという特徴がありますが、“濃くなり始める年齢”は千差万別であり、10代で青い程生えてしまう場合もあれば20代後半で濃くなっていくという方もいらっしゃいます。 こうした髭の濃さとは何が要因で決まっているのでしょうか?

食生活はほぼ関係なし

日々の食生活であれば改善が見込め ますし、生活習慣が問題なら改めるきっかけもあるでしょう。
しかし、残念ながら毛を濃くする食べ物は多く発見されていますが、 髭をピンポイントで薄くする食べ物は現在発見されておりません。
食生活での対策は「毛を濃くする食べ物を食べない」というくらいのもので、ほぼ効果は無い とみて差し支えありません。

遺伝的な要素が強い

結局のところ、髭の濃い薄いはほとんどが遺伝によって決まってしまう のです。
学者によって説が分かれている点がありますが、遺伝によって“どれだけの影響を受けるか”が争点であり、 遺伝が影響する点については最早疑いがありません。
男性ホルモン(テストステロン)の分泌量、そしてそれに対する敏感さによって髭の濃さが決まると言われておりますが、これは遺伝的な要素が大きく後発的な事情により自然に増減する事は無い のです。
前述した通り、テストステロンは分泌量だけでなく、“敏感さ”についても髭の濃さに大きく影響を及ぼしますが、この点は正に遺伝によって決まってしまうようなのです。
今は平気でも、父親の髭が著しく濃い場合には、いずれ濃くなる可能性は十分に考えられます。

髭が濃い悩みを解決する

ヒゲ剃りグッズ

結論から申し上げますと、日々の生活にどれだけ気を配っても、残念なことに髭の濃さにほとんど影響がありません。
残念ながら、基本的には外的要因である、抜く、剃る、機器を使って脱毛(フラッシュ・レーザー)するしか道は無い のです。
「永久脱毛」と聞くとすべて抜き去ってしまうイメージがありますが、全体の本数を減らす脱毛も可能 ですし、デザイン性を持たせたヒゲ脱毛も可能 となっているため、濃さはほとんど目立たなくなるはずです。

専門家に相談しましょう

胸に手を当てる脱毛クリニック医師

どのような髭脱毛が良いかは、クリニックやサロンで実際にカウンセリング(出来れば体験施術まで) を受けてみた方が良いです。
サロンやクリニックによっては髭脱毛後のイメージ画像をデジタル加工で作成してくれますので、 脱毛後の自分がイメージし易い 場合もあります。
脱毛で得られるメリットを実際に見ることで、新しい可能性が見つかるかもしれません。
髭の濃さは悲しい事に遺伝によって決まってしまいますが、現代社会ではそれに抗う術として、一昔前では受け入れるしか無かった髭を、脱毛により改善出来る可能性が確立しているのです。
遺伝だから…と決して諦めずに、まずは行動を起こしてみてはいかが でしょうか。